冬の電位差

「きみがあんまり素敵で
どうしようもなく惹かれる
とても寒い日の夕暮れに
偶然にきみと出会った

不覚にもきみの目を見れなくて
茜色に染まった髪を見上げる」
advantage Lucy「めまい」


別れた恋人を想う歌。
冬になるとずっと繰り返して聴いている。でも少し不思議に思うことがあります。

「二人の季節が戻ればと 思った私はずるい」

別れは主人公から言い出したのでした。
そこまで好きならなぜ別れたのだろな、と思うけれど、分かる気もします。
好きだからこそ会わない方がいいことがあるし。
それを未練と呼ぶのなら、そうなのかもしれません。

理屈にならない気持ちは、バイクにでも乗ってエンジンの回転数に合わせてハナウタにして空気に溶かしていまいましょう。
バイクっていいもんですよ。気持ちがスパークして、空気にとけてくカンジがします。

advantage Lucy「めまい」 「We Go」

「だけど今も きみの 低くやさしい
声を聞くたびにまためまいがする」

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2