年末大妄言

さあて、年末大サービスの大予言(妄言)だよ。
酔っぱらってるから言えることだから、冥途の土産に聞いておくれ。

大掃除で発掘したE.E.スミスの「銀河パトロール隊」を読みながら一杯やってきました。
「銀河パトロール隊」は「レンズマン」シリーズの栄えある第一作で、古き良きスペースオペラです。
スペースオペラの元祖にあたる作品のひとつなのではないでしょうか。

でもこの荒唐無稽なS.F.小説で現実化されたアイテムがあることをご存知でしょうか。
それは、軍艦の戦闘指揮所(Combat Information Center、略してC.I.C.)です。
宇宙の保安官たるレンズマン達の戦闘を統率、効率的に展開するための巨大戦闘指揮艦、ディレクトリクス号のアイデアを、アメリカの軍人さんが現実化したものがC.I.C.だったりします。(本当だぞ!)

S.F.作品の中には、すでに現実化されたものがあります。
私の印象に残っているのが、手塚治虫さんの短編で、大人向けのエロティックなハードS.F.でした。
その世界では、すべての人類が携帯パソコンを手にしているのです。
まさに今のスマホです。
でも、そこに通信機能は描かれていませんでした。現実のスマホの方が上をいっています。



私、レンズマンを読みながら気付いてしまったのです。

物理的な技術はまだまだ未来のものですが、情報に関するものは、現実がS.F.の上をとっていることが多いような気がするのです。


そこから推察するに、おそらく、先日書いた私のアイデア、量子コンピューター関連のことは当たりなんじゃないかって思うのです。
量子脳理論が当たりなら、量子コンピューターとの親和性もありえるのではないかと。
もし、そうなら、人類の意識は物理の壁を超えることが可能となるのではないかと。
魔法みたいなことが現実になるのではないかと。


以上の想像は、実はロマンティックなイメージからきています。
私は、職務上の特権で、科学者が、全然違う分野の科学者に講演を行う会の参加資格を持っているのですが、あるとき、その会で観測物理学の世界的権威がおっしゃっていたのです。

「あと数十億年すれば、宇宙の膨張に光のスピードが追い付かなくなり、地球があったとしても、夜空は真っ暗闇だ。宇宙の歴史の中で観測できる条件の時代に我々が存在することが偶然とは思えないときがある」

人間は生態圏を飛び出しました。宇宙への進出です。
これはほかの生物には到底できないことです。
なので、我々の存在にはなんらかの意味があると、私は思いたいのです。

しかし、地球の歴史の中で、大絶滅は普通にあります。
明日それがやってきてもおかしくないのです。
大絶滅のスパンの間で、人類が意味があることを成し遂げるとすれば、そろそろ革命的な発見がないといけないだろうと、そう思うのです。
量子脳理論と量子コンピューターあたりが、それならばいいな、とそう思うのです。

私が死ぬ前にそれがある程度確立されたらうれしいな、とそう思います。





さてさてさて、人類の未来の前に、私の身体がピンチであります。
下痢が止まらない~。きっと原因はニンニク醤油だ~。迂闊だった~。
ああ、どうしてこう肉体はもろいのか・・・(特に私のは)


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年ももう終わりなんですねぇ
去年の今頃は打ちしひしがれて孤独を噛み締めていたのですが
今となっては良い思い出

思えばこのブログを覗かせてもらって
お菓子画像にお腹が鳴ったり
ジムカーナ画像にうらやんだり
なおさんワールドに癒されたり
勝手ながら大変お世話になりました

年が明けてもマイペースに更新待ってます♪
私事ですが今年は良い出会いがありました
ほんといろんな縁があって収まるところに収まっていくんだなぁと思えた年でした
なおさんもいろんな縁がまわりにありそうですね
良い年をお迎えください
おなかも、お大事に(^^)

Re: No title

>えぴ さん
私の独り言ですが楽しんでもらえているのなら幸いです。

私に縁はありません。
この4日間、やっと今朝バイク仲間と2,3こと言葉を交わしただけで、LINEもメールも、誰からもありませんし、連絡するように人もいません。
プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2