美女と予習

OM-D E-M1 シェイクダウン
お仕事が忙しい。
忙しいうえに、大学の試験が迫っているので、もう大変。
合間を見ては勉強している。

昨日は美女とお話しする機会があって、こうの史代先生の「この世界の片隅に」の話からはじまって、私のこうの作品感をお話ししていたら、途中で上司が来て話が中断してしまった。

こうの作品って、つまるところ諦観だと思う。
鶏と小学生の生活を描いた「コッコさん」ですらそうなんだと思う。
分かり合えないのだ。永遠に。

敵とは分かり合えない。
夫婦でも分かり合えない。
想い人とも分かり合えない。
鳥なんていわずもがな。

正しいんだ。正しいんだけれど、そこへ行きついたら、もう、なんていうか、おしまいな気がして。
あの終末観というか諦観は日本人独特のもので、だから日本社会ってモラルを維持できている気がするのだけれど、でも、なんというか、受け入れがたい気持ちでいっぱいになるのだ。

それを「ほら、私、夢見るお年頃でしょう」から始めて、「まわりまわってそうなっちゃったんですね」って返されて、そこでお話が中断しちゃったので、まったくもって、私たちも分かり合えないのだった。

まあ、宴席の会話なんてそんなものだとわかっているのだけれど、それでも美女に最後まで真意を伝えたかった、と思う。

Ivy「Lucy Doesn't Love You.」

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2