サビ抜きでよろしく

今日の夕飯はとてもうまくできました。(鯵の煮つけ、キャベツとあさりのワイン蒸し)
それだけで一日がうまくいった気がします。
ええ、スケールが小さくて安上がりな人間です。

さて、「けものフレンズ」にハマってまして、主題歌がアタマの中から離れません。
すっごくいい曲。
とりあえず聞いてみて。すごいから。

大石昌良さん「ようこそジャパリパークへ」

なんというギターテクニック。かっこいい。
キーは声の音域ときっとギター用に変えてありますね。

この曲、こちら↓のサイトにあるコード説明で見るとえらく難しい。わけわかんない。

「けものフレンズOP『ようこそジャパリパークへ』コード進行とメロディと感想」
http://motcho2.hateblo.jp/entry/2017/02/21/152333

う~ん、もう私の音楽の理屈スキルはもうほとんど役に立たない。

この曲はサビはじまりです。
アニソンには多いです。尺(時間)に制限があるのでイントロやエンディングをやっている暇がないのです。
あと「落ち着きどころ」を最初に印象付けられるので、けっこう無茶してもだいじょうぶになります。
この曲もどうやらそれを活用しているようです。

で、思ったのはもう「サビ」って概念が通用しないような気がしてきました。
この曲の「サビ」は「テーマ」という意味でとらえた方がよくて、一番盛り上がるというか、つくった人が伝えたいところは、「けものはいてものけものはいない~(名フレーズ!)」からと「ゆうぐれぞらにゆびをそっとかさねたら~」からの部分のような気がするのです。

おまけに展開的には同じところでもいいはずなのに(あ、前パートのキーが違うのか?)、コード進行が違う。つまり機能が違うんです。ここ。
でも、必殺技のディミニッシュコードで解決してトニックに戻って安心。んでもってテーマで大団円。というのは同じ。
いきなり転調したり、音符を詰め込んだメロディとかで、だんだん不安になってきて、「うわあどうなるんだろう」と思ったところにディミニッシュという急展開で光が見える前後で、「ほんとの愛はここにある」とか「はじめまして きみをもっとしりたいな」とかいう大切なことを言葉で伝えるから、心がぐっとくるのではないかと。
そういう意味で、古い私の音楽理論的知識ではサビはここじゃないのだけれど、真のサビはここと言えるのではないかと。そう思うわけです。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2