FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのママは言った「ホンダならいいわよ」

ホンダ「スーパーカブ」モデルチェンジ! デザイン一新、11/10発売
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=95&from=diary&id=4820282

ホンダの「スーパーカブ」1億台生産達成で記念式典
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171019/k10011183051000.html

記憶のままに書きますので、実際はどうだかですが、スーパーカブの商品企画は本田宗一郎ではなく、藤沢武夫だったそうです。
藤沢が欧州視察の結果を踏まえた当時としては非現実的な商品企画を本田に提案したところ、

「そんなのできるわけないだろう」

と一蹴されました。しかし、本田の扱い方を知っていた藤沢は、

「ところがあんただったらできるんだよなぁ。なあ、本田さん?」

と天才本田の自尊心をくすぐって開発させたという話を聞いたことがあります。
パワー、燃費、扱いやすさと使いやすさ、耐久性、価格・・・すべてにおいて優秀ですが、なによりポップなデザインと、ホンダの乗り物に共通する「楽しい」というフィーリング。
「スカート姿の女性でも乗れる」というコンセプトもあったみたいで、二輪車の間口を大きく広げたことに異論をはさむ人はいないでしょう。
カブのミーティングを体験してみるとわかりますが、本当に楽しみ方が広くて「自由!」という感じです。

昔のアメリカで、ディーンエージャーが「バイクが欲しい」とママに言うと、「だめよ!・・・う~ん、でもホンダ(スーパーカブ)ならいいわよ」と言われたという話を聞いたことがあります。
二輪車が持つ、アウトローな雰囲気や危険というイメージを払拭してくれたスーパーカブ。
これからも愛され続けて、たくさんの人に自由を運んでくれることを祈ります。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。