FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心の安住の地」と音楽

昨日、演奏の機会をいただきまして、十年以上ぶりに人前で演奏しました。
ちょっとした同好会みたいな場に、ポップおっさんが紛れ込んだわけですけど。
終わってモヤモヤして。なんだかモヤモヤして。
一人お酒を飲んで帰りました。

今日はお休みだったので、午後はずっと歩きながらモヤモヤの原因を考えていたんです。
それでわかったんですけど、きっと周りの人はみんな、青春時代に「心の安住の地」を見つけたんだな、と思いました。
だからみんな自分の青春時代の音楽を延々と何十年もやっているんだ、と。
もうそこから動かなくてよくなったんだ、と。

うらやましく思いました。 モヤモヤの原因はそれですね。
私はそこを見つけられなかったまま、いまだにさまよっていて。
だから、いまでもただひたすらに新しい曲を探して聞いてるんだな、と。

子どものころから音楽が好きでやってみたいと思っていたのですが、私の両親はスポーツをやる男子が欲しかったので、というか私があまりにもダメで、昭和時代の「スポーツをやる人間は優等」みたいな思想にすがったんですよね。
とにかく私がやりたいことはダメで、中学校から運動系の部活を強要されて、高校時代は空白です。誰とも話ができませんでした。
部活の練習には参加しないで、演奏系の部活、特に軽音部をなんとなくうらやましく、ただ一人校庭を走り続けていました。
そうしておけば、とりあえず両親は私を否定しなかったので。

いまの異常な音楽への渇望は、その反動なんだと気づきました。
小さい時から音楽をやれていてば、もう少しマシな演奏ができただろうと思いますが、おっさんがいまさらいくら頑張ってもどうにもならないな、と昨日はしみじみ思いました。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。