FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらツッコんでみよう(「永遠のアムロ」編)

今年の自分的大ヒット曲は「ようこそジャパリパークへ」です。
平井堅さんも星野源さんも絶賛してましたし、学校の運動会でもかかりまくりだったらしいので、大石昌良さんが紅白出てもよかったんじゃね?とすら思うわけです。

さて、この曲、えらく凝っているのですが、それは今のアニソンだからということでなく、昔からアニソンというのは実験的作品が少なくなかったように思えます。
特に私の子ども時代のロボットアニメとか、プログレッシブロックに影響を受けたと思われるのがけっこうあり、私は知らずに影響を受けている気がします…あ、トリッキーなのが好きなのはそのせいか!?

で、本題。
「機動戦士ガンダム」は観たことなくてもご存知の方が多いと思います。
あまり注目する人はいないのですが、この作品のエンディング曲「永遠のアムロ」というのが、自分的に忘れられない曲です。

と言いますのは、

「エンディングを途中で放り出してる」

という点にあります。
子ども心に「この曲おかしくない?」って思っていました。

説明いたします。
曲というのは、到達地点の音とハーモニーが決まっております。
物語のオチみたいなものです。受け手が期待するオチにいくからみんな気分スッキリなわけです。
普通はそこに行くんですよ。ほとんどが。(中にはいかないのもある)

でも、この曲は途中で終わってます。

う~ん素人だから当たってないかもですけど、キーはDでしょ。
なのに終わりのコードがA7を基本にして、sus4にして6度も入るかなあ?
A7を基本にDが隠れるようするわけだ。最後のコーラスはそれを想起させるための音というわけか。
試しに最後にDを弾いたらあら気持ちすっきり。

もちろんこれには意味がありまして、この最後のコードが物語の結末に帰りたくなるものなのです。
そうすることで聞いた人に結末を想像させるんですね。
聞いた側の人の心の中で完結させるわけです。
さらにアニメの物語そのものの続きを見たくなるとか、そういう意図があるのだと思います。

でも普通やんないですよね?普通のテクニックなんですか、これ?
ミュージカルの劇中歌とかならなんとなくわかるけど。
最後のコーラスで完成させるなんて歌えないし。子供向けアニメ作品だよ。歌えるように作るよね。

でもじゃあコードDを足してメロディを自分で考えてみるとすげーダサくなる。
やっぱりこの曲、ここで終わるようにできてるんだ…

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ですよねw

私は全体的にこの曲、気持ち悪いんですよね。
「ふるさとだ〜」の音の下がり方。
「ふりむくなアムロ〜」でいきなりテンションが上ってw
「男は涙を見せぬもの」ってなんだか60年代フォークみたいになってw

エンディングも消化不良ですよねwww

私もギターを出してきてご指摘のコードを弾いてみましたが、なるほど仰っていることに膝を打ちましたw

Re: No title

> C75 さん
この曲は受け手の頭の中に「?」を与えることを目的としているのだと思います。
それがロボットアニメのEDでというのがすごいことのように思えます。
それまでのロボットアニメというのは少なからず男児のカタルシス的な欲望を満たすためのもののはずだったのに、「この作品はそういうものじゃないんだ」ということを伝えているのだと思います。
プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。