FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鍵と錠」の考え方

「イラストレーター・あきまん氏が語る『絵の中の鍵』とは何か?絵に込められる情報量について」
https://togetter.com/li/784872

【1】
受け手の持つ情報という扉を開くための鍵を絵に込める、という話。
あきまんこと安田朗(やすだ あきら)氏の視点は素晴らしいと思います。

ある絵を見て見る側が面白くないと感じるのは、鍵と錠が一致しないと感じた、と言えるのかと思います。

この考え方は多くの表現物その他に応用できるな、と考えました。
たとえば、物語は読者が読み進める上で鍵を手に入れていきます。そして手に入れた鍵を使って錠をはずして結末という情報を得ることが読者の快感であると考えられます。

旅行も同じことが言えます。
事前にガイドブックなどで旅行先の情報を得るということは、ある程度の鍵(錠)を手に入れることと考えられます。そして現地で扉を開けていくことが旅の楽しみの一つといえると思います。
事前情報のない旅は鍵(錠)も探していると考えることができます。

音楽は・・・難しいですね。
音楽というのは、メロディとハーモニーの終点がほぼ決まっています。その過程をどう進むかという聞く側のワクワクに、演奏側がどうやって応えるか、という表現です。
その過程にはある程度の約束事(ルール)があって、これを錠とすると、それを開ける鍵は既に聞く側と演奏側が共有しています。聞く側と演奏者がと一緒に曲にちりばめられた錠を開いていくイメージです。結末も重要だけれど過程がとても大切です。
共通する鍵を持つことが、錠をはずして感動と言う名の扉を開く前提条件となるわけです。


【2】
上の鍵と錠の考え方を応用すると、音楽と言う表現が、いかに受け手(リスナー)の獲得が難しい、イコール、商売として成り立ちにくいかがわかります。
音楽は、表現者と受け手が一緒に錠を開けていくと上で書きました。
そのためには、受け手が表現者と同じ鍵を持っていることが前提条件なのですが、受け手へ「共通して持っている鍵」の存在を示しにくいのです。

物語であれば「あらすじ」がありますし、絵は一目瞭然です。つまり、「錠」の確認ができます。
しかし、音楽はリスナーが実際に聞くまで表現者の持っている鍵の確認ができません。
ですので、受け手はビジュアルイメージやジャンルといった周辺情報や断片情報だけで鍵の存在を推測しなければいけません。
音楽家がビジュアルイメージに凝るのはそういった理由にあります。

ドラマやアニメの主題歌やエンディング曲が売れるのは、共通する鍵を音楽以外の面で表現者と受け手が共有できるからだと思います。
そしてなにより強制的に何回も聞かせることができるのは相当な効果を発揮しているといえます。何度も聞くことで、本来好きでないジャンルの曲でも共通する鍵の存在に気づく、というということがありますので。

クラシックやジャズなどは鍵の得にくさがあります。だから一定数のリスナーを確保できますが、メジャーにはなりえません。
この場合、鍵は教養とスキルと言い換えることができます。高い教養とスキルがないと理解できない、という点で敷居が高いのです。

ただ、音楽には物語や絵にはない利点があります。
上記ページであきまん氏が、「ラフ画は自分の中の鍵を確認するための作業であり、そのため他人にはわからないが、『0→1』をやっているので生まれたばかりの生命の勢いがあらわれている。」というような表現をされています。
この言葉で考えると、生演奏と言うのはリアルな「0→1」に思えます。しかも受け手が参加できる。
CDが売れなくてもライブやコンサートが廃れないのはこういった理由があるのでしょう。

さて、この気づきをどのように使いますか。
いろいろと応用できそうです。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。