FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちはやふる」の若宮詩暢ちゃんは正義だろう?の巻

いや、昨日テレビでやってた「ちはやふる」の映画版なんですけどね。
競技かるたの世界を描く映画中のラストバトル、主人公の千早ちゃんが「クイーン」の称号を持つ詩暢ちゃんと戦うわけです。
圧倒する詩暢ちゃん。
完全に飲まれてしまう千早ちゃん。

そこに、この物語のプリンスの一人である太一君が、千早ちゃんの肩をたたく。(オマエ、自分の心配しろよ)
振り向けばチームメイトたちが見守っている。
友情パワーで自分を取り戻した千早ちゃんは善戦する、負けるけどね。
ライバルとの決着は次回に!というオチ。

なんかなー。釈然としねーなー。
だってさー、千早ちゃんここまでブレブレじゃん。
それで強いとか、主人公補正かけすぎじゃね?

練習ってそういうもんじゃないわけさー。ブレずに地道な努力を積み重ねてきたものが勝つのさ~。
メンタルコントロールって試合の時に注目されがちだけど、実は練習時にも重要なのさ~。

詩暢ちゃんは劇中で「イヤなやつ」「かわいそうなヤツ」「でもなんか憎めないヤツ」として描かれています。
現実世界で勝つのはああいう人だと思います。
「自分を高める」ということは「他者の否定」でもあるのです。
仲間に精神的な一面を担わせたら、仲間内のアベレージ以上には行けないのです。
「友情」「勝利」という少年マンガの快感原則なんですけど、現実世界は違うってこと、そろそろ描かないとダメな時代になってきたのではないかと、そう思うのです。

私の職場のあるヒトは、あるスポーツの協会にいたのですが、トップアスリート達に辟易して、それで辞めたそうです。「あの人たちは他人を人として見ていない」だそうです。
そういう人が勝負の世界では勝つのです。芸術もそうですけど。
自分を許せないから上に登れる。でも結果としてそれは他人も否定してしまう。
そういうことです。

入院しているとき、同室でとても人気のある人がいらっしゃいました。
毎日、多くの人がお見舞いに来るんですよ。お仕事は社員寮の管理人というものなんですけど、老いも若きもあらゆる関係者がいらっしゃるですね。
その方がなぜ入院していたか。
自分にも甘すぎで、栄養不良と運動不足等の生活習慣が原因で股関節を完全にダメにしてしまったんですね。
毎食コーラを500ml飲んでました。入院中はカロリーゼロのやつでしたが、いつもは砂糖入りのをもっと飲んでいたそうです。
つまりですね、自分に甘いから、他人にも甘くできる、と、まーそういうわけで。

人間、なにが幸せかはわからないのですが、勝負に関しては、私は詩暢ちゃんのスタイルが正しいと思います。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。