FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界を超えちゃだめ

GW前半3日連続の長時間練習を試してみましたが、結果やっぱりダメでして。
やっぱりこれまで使ってきた筋肉はそれなりに鍛えられているのでダメージが薄いのですが、今練習している曲で使う左右の橈側手根伸筋は多用するのがはじめてで相当のダメージです。

連休中日に鍼を予約していて、伸筋群、屈筋群にそれぞれ8本ずつ、掌(手の甲から刺します)にもかなり打ってもらい、2日休憩したのですが、疲労が抜けません。
やっぱり集中的な長時間練習というものは、効果が拡散するし、ダメージが大きくて後々へのマイナスへ作用する影響の方が大きいから避けた方が良いな、というのが結論です。

こんなことをチェックしていて思うのは、人間ってけっこう簡単に限界を突破しちゃうんじゃないかってこと。
我慢して限界を超えるのが正しい、みたいな風潮があると感じているのですが、疲労を我慢しておくと故障になります。
改善可能なら良いのですが、病院に行った時にはもうダメってこと多いです。
限界を超えるってそういうことだと思います。
そして、これまでそういう人を見てきました。
演奏以外でも。

皆さん、休みをとるのは良くないという心理があるみたいで、私のように休息をとる人は普通に非難されると思います。「気合が足りない」「だらしがない」みたいな理由で。

あと故障や病気から逃げたい心理が働いているようにも思えます。
ひき逃げ現場で、心理的に人を轢いたことをなかったことしてしまう人と同じことだと思われます。

そういうのは長期的な将来を見据えたときに合理的な判断ではないと考えます。
オリンピックみたいに「人生の今じゃなきゃダメなんだ」というなら理解できるのですが、やっぱりこの前の羽生選手とか外国人選手なら出ないだろうと思うわけです。

というわけで、私は人間はそう簡単に限界を超えちゃだめだし、「限界を超えるというロマン」は捨て去るべきだと思います。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。