FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来のことなんて誰もわからない・・・んだけど

いままで生きてきて、考えない人が経営者に向いていると思う。
考えると、結論としてなにもできなくなるからだ。
リスク回避とは最終的には「なにもしない」が一番確実になるのだと思う。

結局のところ、未来のことなんて誰もわからない。
もっともらしい企画書は集団の意思決定をまとめるだけに存在しており、そこにある数字も確実性を保証するわけでもなく、あてになることの方が経験としては少ない。
第一、そんなものが役に立つなら、誰もが成功者になれるはずだ。
だったら何も考えないで何度も施策を試したほうが「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」ということもあるわけだ。
そしてたまたま当たりクジを引いた者だけが生き残る。

考えないで決断できるというのは、自己評価が現実よりも高いということだ。
新規設立された会社のほとんどが5年以内に消えていく。そんな状況で起業する人というのはよほど自己評価が高くないとできない。
そして、そういう人は自分の失敗を認めないし、他人のせいにしがちだ。
その上サイコパスであれば、さらに適性が高くなる。

つまるところ、経営者とは嫌な人が多い。
もちろんそうじゃない人もたくさんいるだろうけれど。
自分の経験上、嫌な人の方が多いと感じてきた。

そういう人は競争に強い。資本主義社会への適性が高い。
どんどんいやな世の中になるのも頷ける。
共産主義者というわけではないけれど。

私は、どうもポジティブとか前向きとか、そういうのに嘘を感じる。
それらは自己肯定という名の思い上がり、つまりゆがんだ認知で成り立つものだからだ。
いい加減、人類はその現実を受け止め、自らが愚かで虫と同等のとるに足らない生命体であることに気づくことができればとも思うし、それが生き残る道だと思う。
でもダメだろうなあ、思い上がりという愚かさこそ人類の特質であり、良いところでもあるのだろうしなあ。


人間は「自分、すごい!」という嘘を自分についてないと生きていけないというのがどうも心理学的には正しいらしいけれど、自分に嘘をついてまでもう生きていたくはないなあ、とも思う。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。