FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騙された私が悪いのか 騙したアイツが悪いのか

昨晩、好きなバンドの新しいCDを買いに行きました。
ライブでしか売ってないとのことで、ライブ会場へ。

【1バンドめ】
3ピースのポップロックバンド。
ボーカル&ギターの子がイケメン。
一生懸命な感じで好感。
演奏もうまい。少なくとも自分よりはずっと。
サービス精神もある。

でも、曲にインパクトがない。良くも悪くも普通。

【2バンドめ】
5人メンバー。うち3人はハーフっぽい。
金髪のボーカルの女の子がとてもかわいい。
英語詩だけど、きっと脳内第一言語は日本語。
仲がよさそうな雰囲気と、とにかくお客さんを盛り上げようとステージアクションもがんばっている。各メンバーのキャラも立ってる。

曲は1番目のバンドより個人的には好みだけれど、う~ん、やっぱり普通かなあ。

特筆すべきは、リードギター&コーラスの男の子。レフティ。
中学生でも通用する見た目。
間違いなく、このバンドはこの子のギターがサウンドの核と言っていい。
プレイスタイルはオーソドックスなロックスタイルなのだけど、とにかく上手で安定していて、華やかな見せるプレイ。
ボーカルの子が霞むくらいにインパクトがありました。

【3バンドめ】
男性5人組。
なんか毛色が違うのが出てきたぞ…
これまで華やかな「さあ、みんなで楽しもう!」という感じの、ポップロックバンドだったのだけど、なんといいますか、ロックですね。ちょっと古めの。ヒリヒリさ表現したような。
で、1曲目がビミョー。ベースラインとメロディの関係がギリギリな感じで。
2曲目でベースの音が出なくなり止まる。
ボーカルの人「BGMあげてもらっていいですか、話すことないんで」

だめだろー。それはだめだろー。

3曲目、やっぱりベースの音が出なくなり止まる。
ダメだ、このバンド。
と思ったら、さすがに何か言わなきゃと思ったのか、ボーカルの人がしゃべりだす。

「今日、ガールズバンド多いじゃないですか。
皆さん、彼女たちを見にきたと思うんですよね。なんでイベントに呼ばれたんだろうって思っていたんです。楽屋に入りたくないし、目も合わせたくないし。俺、暗い青春送ってたんで…いや、彼女たちだって暗い青春送っていた人がいるかもしれないっていうのはわかってるんですよ、ただの俺の思い込みで。
でも、ちょっと楽しみにしてたんです。俺たちのこと知らない人たちに聞いてもらえるって。
あと2曲、真摯に鳴らすので聞いてください」

突然湧き出る暗い青春シンパシー。
さっきまでの反感が吹き飛び、「応、がんばれ!」という気分になりました。
ロックって、こういうコミュ障な人が叫ぶもんだったですよね。ええ、そんな気がします。

【4バンドめ】
お目当てのバンド。
初めてライブを聞きます。
天然だろうな~、と思ってたらやっぱり。はじめる前に客に体操させますよ。
そしたらボーカルの女の子が言うのです。

「さっきも3バンドめのみなさんと体操したんですけど」

おい、3番目のボーカル、てめえ、言ってたことと違うじゃねーか。
私のシンパシーを返せ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。